読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六号雑感

日々のアレやコレを適当に

寝起きクライマックス

連休明けの仕事ほどしんどいものは無い。

違うな。連休明けの朝がすごく嫌だ。重い体を引きずりながらベッドを出るのも、頭がはっきりしないのも、毛布がすごく気持ちよくて逆に腹が立つのも全て嫌だ。1日の中で1番辛い瞬間だ。

頭から余計な思考をかなぐり捨て、ぼんやりする頭で支度をして電車に乗る。ぼんやりしているのでよく忘れ物をする自分が恨めしい。

駅までの道すがらには少し良いことがある、たまに近所のコーヒー豆屋から焙煎しているであろういい匂いや保育園から聞こえる子供達の声、少し前だとキンモクセイの花の良い匂い。そういうもので少しだけ穏やかな気持ちになる。

 

この前まで土日含めて4日間の休みをもらっていた。なので休み明け、昨日はなかなかしんどかった。今日は宅配便のお兄さんによって強制的に布団からでなければならなかった、、、つらい、本当につらい、、、なんなの!

 

寝起きに辛くない人なんているのだろうか。ほぼ全人類が寝起きの辛さに頭を悩ませていると常々私は考えている。もし悩んで無い奴がいたらそいつは人間じゃ無い。

 

 

誰か私に良い寝起きを与えてください。

 

世界睡眠会議